台風接近情報に翻弄された、第11回市民スポーツ大会

DSC_0784DSC_0786

第11回市民スポーツ大会は、台風接近の影響で、殆どの競技が中止または、順延となったため、併せて執り行う予定のスポーツ表彰も延期になってしまいました。 そうした状況の中に行われた剣道大会は、凛とした空気と気迫を感じる熱戦が繰り広げられました。

DSC_0872DSC_0877

グラウンド・ゴルフ大会(9月6日)には、多くのプレーヤーが参加致しました。適切なゲームを行うために、熊本など遠方まで出向いて、普及指導員講習を受講するなど、協会の皆様のご努力に頭が下がる思いです。大会は終始、和やかな雰囲気の中にもゲームに真剣に取り組む姿が印象的でした。

DSC_0074

ゲートボール大会(9月11日)は、七ツ釜ゲートボール場・西海スポーツガーデンの2会場で熱戦が繰り広げられました。ルールの熟知、技術力、ゲームの流れを読む力、チームワークなど総合力を必要とする奥の深い競技と実感いたしました。

DSC_0080

バドミントン大会は(9月11日)45名が参加して行われました。県民体育大会の代表を賭けた白熱した試合が繰り広げられた大会でした。 リオ・オリンピックでの日本人の活躍にTVに釘付けになった方も多かったのではないでしょうか。スピード、瞬時の判断力、強靭な体力、繊細な技術力、動体視力、精神力など正に、格闘技を観戦している様で、ワクワクし興味をそそられました。これから、更に人気のスポーツとして発展しそうです。

DSC_0900DSC_0878

第1回西海市陸上競技選手権大会(9月10日)は、昨年まで市民スポーツ大会の一環として、運営していた「記録会」を独立させ、陸上競技協会が自主運営を行う事により、市内外を問わず広く出場者や大会役員を募集し、西海市の陸上競技の発展に寄与する目的で、企画されました。6種目に選手350名、役員80名が参加致しました。 また、本大会は県民体育大会の選手選出ならびに、県下一周駅伝の選手選考の参考大会となっています。