AED・心肺蘇生法 指導者講習会


平成25年2月28日(木)
西彼総合体育館においてAED・心肺蘇生法 指導者講習会を開催しました。
講師には救急救命のスペシャリストである医療(いりょう)法人(ほうじん)圭光会(けいこうかい) 松尾医院 副院長 松尾 圭 先生
にお越しいただき講習を行って頂きました。
講習会では先生が実際の現場で起こりうることを具体的な例をあげ指導をしてくださいました。
具体的な例とはAEDのパッドを土やほこりでよごしてはいけない。理由はAEDのパッドが傷病者に密着せず効果が弱くなるなどです。
実際に講習会に参加された方にお話しを伺ったところ今回の講習会はいつもと違いとても良かったとの言葉を頂きました。

※ AEDとは傷病者の心室細動(心臓の痙攣)をリセットするものであり、心臓を動かすための機械ではありません。AEDを使う前後に必要なことはあくまで心肺蘇生法(CPR)であり心臓マッサージを救急車が到着するまで続けることが重要です。